慶應SHD team新メンバー募集のお知らせ

 我々慶應SHD (structural heart disease) teamでは、TAVIやMitraClipを中心としたSHD interventionをしっかりと学びたい先生を募集しています。

我々のチームでは、2013年10月の保険償還以後、これまで約200例のTAVI を施行しており、現在では週3~5例のペースで急速に症例数を増やしています。現行のSapien XTやCoreValve以外にも、新規TAVIデバイスの治験なども行っており、最先端の医療を学ぶことができます。特に経大腿アプローチでは、止血デバイスを使用した穿刺法と、セデーション+局所麻酔を使用した気管内挿管をしない「超低侵襲TAVI」を積極的に導入し、欧米のhigh volume centerに引けを取らない最先端の手技を実践しています。

またHOCMに対するPTSMAや慢性肺血栓塞栓症に対するBPA (balloon pulmonary angioplasty) 、ASDに対する閉塞栓も積極的に行なっており、いずれも日本のトップクラスの成績を出しています。

「SHD interventionで世界と対等な舞台で戦いたい!」という猛者も「SHDって何?」という方まで興味のある先生も、ぜひ我々の仲間になりませんか?

< トップページに戻る